投稿

2020年早々のトラブルと変化

イメージ
僕のインスタをご覧の方はご存知だと思いますが、2020年は1月からいろいろなトラブルや変化がありました。

今回は2020年初の投稿ですが、早速そのトラブルや変化についてお話しします。

確定申告事件 昨年はライターとして複数のクライアントと契約しただけでなく、オーディオストックやサブスクリプションの収入もありました。

とはいえ、経費や控除を積み重ねるとなんとか還付金がありそうだったので、1月6日に確定申告(還付申告)をしました(還付がある場合は1月から申告できるので)。

自分の帳簿ベースに申告したのですが、後日、支払調書を突き合わせて計算してみると、なんと最初の申告において3000円も還付金が多くなっていたのです。


「早く還付されるから」という理由の1/6の申告は結局、訂正により1/14の申告になってしまい、e-tax上でまだ処理状況が進んでいません…。
おみくじに「自らの判断だけで急ぐべからず」とあったのですが、その通りの出来事でした。
仕事に変化が セクシャリティ関連のコラムやニュース記事をレインボーライフで2年以上執筆していましたが、実は2019年末で契約終了しました。
そのぶん新しい仕事を始めようかなと思っていますが、そのことについては決まり次第またお話ししますね。
毎月のように連載記事を執筆していたこともあり、ふとその必要性がなくなるとなんだか寂しい感じもしますが、ブログの記事執筆に注力できるいい機会なのかもしれません。
最後は気の持ちよう? このようなトラブルや変化に加えて、今月末には放送大学の単位認定試験(学期末試験)があるので、その勉強もあってちょっとストレスフルでした。
それで数日落ち込むこともあったのですが、周囲の人々に支えられ、あまり物事を大げさに捉えずに済んでいます。
最近特に思うんですが、物事は確かに「気の持ちよう」ではどうにもならないこともあるけど、最後は気の持ちようなのかもしれないですね。
僕はついつい落ち込んだときに最終結論というか、物事の判断を下しがちなんですが、この頃はなるべく周囲に相談するようにしています。
そうすると、問題は意外と些細なものだということに気づかされます。そこからいろんな解決策が見出だせたりもします。
一人ではなかなか物の見え方は変わりませんが、逆に変えてくれる人々には感謝したいですね。
まとめ なんだか1月か…

Discography : Bipolar Acoustics

イメージ
落ち着いてダークな印象のインストアルバムです。電車の音を取り入れたものや5拍子のものなど、陰りがありながらも面白い仕掛けを施した作品集です。



2019年のナカドマリ~学び編~

この記事で2019年に僕が学んだことをお話しして、今年を締めくくろうと思います。

2019年の学び①YesとNo ある物事をYesということは、ほかの物事にNoを突きつけることだと実感することが多かったです。

たとえばですが、目の前にある一桁の「2」という数字を「これは2です」ということは、それが1や3でないことを述べています。

実際にはこんな単純なことはありませんが、とにかくあるものを肯定、否定することは、その他を除外することにつながるんだな~と感じました。

だからといって「除外している罪の意識」みたいなものを持つ必要はありませんが、自分の言動が自分の意図とはまったくかけ離れたところで誰かを傷つける可能性は、特に仕事で言葉をたくさん使う僕は気をつけなければならないと学びましたよ。

2019年の学び②本業のライター、副業かつ趣味の音楽 ライターやったり、音楽やったり仕事の面ではフラフラしていた僕ですが、今年から仕事はライターに振り切りました。

音楽は好きだけど、僕にとってある種のはけ口のようなもので、仕事にすると「はけ」るわけにはいかなくなって、しんどくなることに気づきました。

一方、ライターはそういったしんどさはなく、文章を書くことは仕事として僕にとても向いているなとしみじみと実感。

本当の本当に自分のペースでやりたいことは、僕はあまり生業にしない方がいいのかもしれませんね。

今年はいろいろなクライアントの方々と関わり、どなたにもとても感謝しています。正直いまの仕事がうまくいっているのは、クライアントのみなさまのおかげです!

2019年の学び③志 僕の下の名前、タカシには「志」という漢字が入っています。

いままでは、この名前のように高い目標をもって突っ走ってきました。

でも、それが自分や誰かを追い詰めたり傷つけたりする事実も痛感しました。古い日本の言葉で、「志」には情・愛情という意味があったそうです。

これからは、この名に恥じぬよう、愛情をもっていろんな人に接したいと思いますし、それが僕のいまの生き方でもあります。

それでは、2020年もナカドマリ・タカシをよろしくお願いします!

2019年のナカドマリ~インスタ思い出編~

いつの間にやら大晦日になってしまいました。

最近はインスタの更新に夢中になっているせいか、やはりブログの更新は滞りましたが、せっかくなのでインスタの投稿も挿入しながら2019年を振り返ってみたいと思います。
2019年の大きな出来事は、過去最短の髪の長さ=坊主になったことでしょう。

この投稿をInstagramで見る
Takashi Nakadomari(@nakadomariofficial)がシェアした投稿 - 2019年 4月月8日午後9時11分PDT

「出兵前」という、シャレにならんシャレを投稿してしまった春でした。

6月には母と一緒に沖縄に帰省もしました。



令和元年11月、ブログ記事がやや進化

更新するはずが… みなさま御機嫌よう。更新するといいつつなおざりになりがちなナカドマリのブログです。

もはや月次報告会状態ですが、それでもツキイチはアップしてるだけましか。

実は僕がなかなかブログを更新する気になれなかった理由は、画像の挿入が面倒だったからです。

インスタにはいろいろアップしているけれど、ブログ用にまたスマホからアップロードするのが地味に大変…。

ですが、ものすごく基本的なことに気づきました。インスタって埋め込みできるんじゃね?

そんなこんなでやってみたら、できました。これまでよりはブログ更新が捗ると思います。

11月の仕事とベンキョー
フリーランスあるあるで、月の仕事量の波があるのですが、僕の11月は仕事はだいぶ控えめでした。

その代わりに放送大学の通信指導という、中間試験のようなものがあったのですが、それで結構疲弊しました。



この投稿をInstagramで見る
Takashi Nakadomari(@nakadomariofficial)がシェアした投稿 - 2019年11月月13日午前6時11分PST
放送大の勉強は、僕の場合はほとんど教科書を読むだけなんですが、読書というものは、いかに内容が頭に残っていないかということを痛感するのが試験期間。

割とマジメに読んでたし、内容に感動したこともあるはずなのに、テストのために教科書を復習すると知らないことだらけ。

なんというか、「こんな本にはこんなことが書いていた」という感想って、実はその人の断片的な記憶とか印象が前面に出ているだけで、実際読んでみると実は違う内容だったなんてことはよくありそうだなと思いました。

紅葉の季節デスネ
仕事やベンキョーをしながら、11月の後半には京都に紅葉を見に行きました。

去年もなかなかの温暖化っぷりでしたが、今年はなお暖かく、完全に色づいている紅葉はあまりなかった気がします。

でも、それはそれで木々のグラデーションが美しく、秋という季節のイメージはもしかすると気候変動で変わってくるかもしれませんね。



令和元年10月を振り返って

特に元号に思い入れはない…と、クールにいきたいところですが、なんだか新元号というのは令和になって数か月経ったいまでも僕には新鮮です。

今月なにしてたの? 10月はライターの仕事と勉強でいつもに増してたくさんの文章を読んだせいか、ブログを書く気力がまったく湧かず。

音楽の面でも、アルバム『Antenna』で軽く燃え尽きてしまい、10月はほとんど作品をつくりませんでした。

そんな十月病がようやく末になって落ち着いてきたかといったところ。

勉強について 放送大学の秋学期の授業が始まり、ぼちぼちと教科書を読んでいました。

対面の授業はもうないので、教科書読んでテスト受けてという形を今回含めてあと3学期突破すれば、晴れて大卒になります。

その後のビジョンもある程度構築しているのですが、まあ何があるかわからないので、その時期が来たらお話ししますね。

いまはとりあえず、学業においては放送大での学びに集中します。

旅行してきた 10月中旬に初めて宮古島に行きました。

僕は沖縄の那覇で生まれ、育ちましたが、同じ沖縄といっても本島の人って滅多に離島に行かないんですよ。

宮古島なんかは、那覇の人より内地(本土)のダイビングしてる人の方がよく行っている気がします。

そんな宮古島に行くことになったのは数か月前。Jetstarの片道385(ミヤコ)円セールを見事にゲットしたんです。

といっても、手数料やらなんやらで結局往復4,000円くらいはかかりましたが、それでも激安ですよね。

旅行の様子はまた改めて「旅の知らせ」で報告します。インスタにも写真載せてます。

ナカドマリのインスタ

引っ越しが決まった 2014年からの大阪生活で、大半を占めている旭区生活。

いよいよ脱出…することもなく、むしろあまりの住み心地のよさに「何としてでもこの区に留まってやろう」と決意。

いまの部屋は急な引っ越しで家賃こそ激安なものの、とても狭いので、旭区内で12月にお引越しをすることに。

クリスマスと新年は新居で迎えることになりそうです。

来月も頑張ろう 11月は放送大の中間試験的なものがあります。

あと、基本的にすべての仕事がオンラインで完結している僕ですが、来月はオフラインのお仕事もいただけるかもしれないので、頑張ろうと思います。

引っ越しの準備もしなきゃね。

みなさんも季節の移り変わりを楽しみつつ、インフルに気を…