放送大学授業レビュー第1回:初歩のイタリア語(‘17)


日本人講師とイタリア人講師の二人による初心者向けのイタリア語の授業です。印刷教材には会話のスクリプトと文法の情報がまとめられており、ちょっとしたコラムも載っています。

外国語の授業にしてはかなり親切なテキスト、映像授業ですが、中学や高校時代に英語が苦手だった方だと文法用語、活用などちょっとしんどいところがあるかもしれません。授業自体のしんどさというよりは、イタリア語と言う言語自体の難しさと言った方が正確かもしれません。

僕はもともとイタリア語でイタリア料理のレシピを読んだり、イタリア文化に原語で触れたいという思いがあり、それ以前からイタリア語を勉強していました。映像授業では主にイタリアの食文化に注目したダイアログが繰り広げられ、イタリアの綺麗な街並みも見られて楽しかったです。

また、印刷教材の文法事項がかなりよくまとまっており、僕はDuolingoというスマホアプリと放送大学のテキストを使いつつ、イタリア語の勉強を継続しています。

平成29年度2学期に取ったこの授業の成績はA○でした。試験は持ち込み不可でしたので、単位が欲しいけど語学に自信があまりない方は避けた方がいいかもしれません。

このブログの人気の投稿

ほぼ復活

終焉