放送大学授業レビュー第3回:英語の軌跡をたどる旅(‘13)

その名の通り、英語という言語がどのようにして今日のような形になっていったのかを学んでいく授業です。印刷教材では英語の文章で英語の歴史を学んでいきますが、ちょっとした日本語の解説も載っていますし、英語が苦手な方でも学びやすいと思います。

僕は英語を幼い頃から学んでいたので、単位目的で取った授業でしたが、英語という言語の形成過程はとても興味深い内容でした。

試験内容はテキストを読み込んで知らない表現はしっかり覚えておけば問題ないと思います。成績はA○でした。

このブログの人気の投稿

ほぼ復活

終焉

放送大学授業レビュー第1回:初歩のイタリア語(‘17)